伊豆の踊り子と河津桜の里 河津町観光協会 BLOG
お問合せ
 English
宿泊予約 |  観光施設  |  温 泉  |  遊ぶ・楽しむ  |  花情報  |  河津町のお天気  |  食事処・商店  | アクセス
TOP > 観光施設 > 天城山方面・七滝・大滝温泉・湯ヶ野温泉エリア
あまぎさんずいどう
天城山隧道

天城山隧道(通称:旧天城トンネル)は、伊豆半島の気候風土を南北に分ける標高711mの天城峠にあり、伊豆市(旧天城湯ヶ島町)と河津町とをつなぐトンネルとして、明治38年(1905年)に開通しました。幅4.1m、高さ4.2mと現代のトンネルと比較すると小さめですが、国内で最長・最古の石造道路隧道として、初めて平成13年に国の重要文化財に指定されました。トンネルは、「切り石巻工法」という手法で造られており、石は旧大仁町の吉田石が使用されています。
●交通:「水生地下」バス停下車徒歩30分
●駐車場/あり
※普通車は水生地下バス停そば駐車できますが、大型車は二階滝バス停付近の駐車場が広いですのでそちらをご利用下さい

八丁池は、標高1,125mにある天城火山群の火山湖で、池の周囲が八丁(約560m)あるので「八丁池」です。周囲がスズタケに覆われているので別名「アオスズの池」とも呼ばれています。池にある展望台からは、遠く富士山の頭を見ることができます。この八丁池まで途中、ブナやヒメシャラなどの林や、野鳥の森を楽しみながら歩くことのできるハイキングコースなどコースはいろいろあり、昭和5年6月に昭和天皇が歩かれた「御幸歩道」などもあります。
●交通:「水生地下」または「八丁池口」バス停下車

そうたろうすぎなみき
宗太郎杉並木

宗太郎杉並木は、明治10年に植えられた樹齢130年を超える「宗太郎人工杉学術参考保護林」で、「宗太郎」とは昔この地を開発した人の名です。近くの宗太郎園地にはハイカーのための休憩舎があります。杉の美林がうっそうと立ち並ぶ林道です。
●交通:「二階滝」バス停下車徒歩55分
さるたぶち
猿田淵

「猿田淵遊歩道」(さるたぶちゆうほどう)は「踊子歩道」の寄り道コースです。「猿田淵」は河津七滝の上流に位置する自然が全く手つかずの状態で残っている景勝地です。
●交通:「水垂」バス停下車徒歩5分
にかいだる
二階滝

旧道沿いの寒天橋のすぐ下にあり、二段になって落ちる高さ20mの滝。本谷川(河津川)の源流初めての滝で、まわりは木々が多く茂っています。紅葉や新緑の時期など景観の美しい天城の名瀑の1つです。
●交通:「二階滝」バス停下車徒歩10分
●駐車場/無料(二階滝園地)
ひらなめのたき
平滑の滝

踊子歩道の途中、二階滝と釜滝の間にある滝。わさび田を抜けて少し歩いたところにあります。大きな一枚岩に巾20m、高さ4mあります。
●交通:「鍋失」バス停下車すぐ
かわづななだる
河津七滝

河津七滝は、その名の通り7つの滝があります。滝を「タル」と呼ぶのは、平安時代から続いている貴重な民俗語で、水が垂れるという意味の「垂水(たるみ)」がそのルーツです。遊歩道を約1時間かけて7つの滝を見ることができます。秋には、「天城路もみじまつり」が開催されます。河津七滝観光協会では、各加盟店にて無料で車椅子の貸出をしております。初景滝へ車椅子で行く事が出来ます。
●交通:「水垂」バス停下車
●駐車場/町営無料駐車場(七滝観光センター)80台

●七滝MAP(PDFファイル)
●バス時刻表(東海バス)
(交通案内のページへ)

かわづななだるるーぷきょう
河津七滝ループ橋

国道414号、七滝・大滝温泉への入口にある巨大な二重ループ橋です。道の高低差を二重の螺旋で継いだ高架橋で、地震による土砂崩れの教訓を生かして採用された工法によって造られたものです。直径80m、高さ45m、全長1064mで、昭和56年に開通しました。制限時速は30kmです。

●交通:「上条」バス停すぐ
●駐車場/無料※大型車は入口が狭いので、観光センターPをご利用下さい

伊豆には西国33ヶ所を模した33観音めぐりがたくさんあります。その1つでここ河津町梨本の山中に、昔経ノ山と呼ばれていた観音山(653m)の山腹にも、江戸中期に造られた33観音が人知れずたたずんでいます。「観音山コース」としてハイキングコースにもなっています。
●交通:「梨本」バス停下車
往復約3時間20分

わさびだ
わさび田

わさび田は清浄な湧き水のある場所につくられます。天城の自然の恵みを受けた河津ではわさび田が多く、河津を代表する風景の1つにもなっています。わさびの花は白くて小さい清楚な花で、3月には田一面に咲きます。
●交通:「梨本」バス停下車
奥原へ徒歩5分
いずのおどりこぶんがくひ
伊豆の踊子文学碑

湯ヶ野温泉は川端康成著の「伊豆の踊子」の舞台。川端先生ゆかりの宿「福田家」の隣には、自筆の書を拡大して刻んだ「伊豆の踊子文学碑」があり、湯ヶ野バス停から文学碑までは、趣のある石畳の湯坂遊歩道が続きます。(雨の日は滑りやすいので注意して下さい)
●交通:「湯ヶ野」バス停下車
徒歩3分
●駐車場/あり(町営無料駐車場・国道414号線沿い)
Copyright(c) 2002 Kawazu Kankokyokai. All Rights Reserved